≪ 2003シーズン ≫ 他のシーズンへ→ 06 05 04  02 


このホームページに訪れてくださった方々が九頭竜で大釣りができるように、お役立てください。
このページでの説明は、03シーズン当時の状況のままです。
マップの各番号にはリンクを貼ってありますのでクリックするとそのポイントへ移動します。


≪ 番号は下流から上流へ  写真も上が下流 ≫
≪ 左側に配置してある写真は、左岸から撮ったもの右側にあるのは右岸から撮影 ≫

@ 北陸道上下 A 下浄法寺(谷口)


工事の影響か 川底が大きく変化してしまった。
橋の上も流れが変わっている。写真は福松橋から撮ったものだか、下の写真は橋の真下。深みがなくてご覧いただけるだろうか?? 川底に青ノロがビッシリ生えている。これではとても釣りにならないだろう。解禁までに何回か水が出れば・・・  工事のせいか 富栄養化なのか  私が九頭竜にきてこれほどの青ノロは見たことがない。(>_<)


ここは左岸の一番下に護岸工事があったが、影響はない。型は小さいが数期待。人気あるポイントなので場荒れしやすい 一番上の写真はオトリ屋から下、ザラ瀬が続く。胸まで立ち込める方なら真ん中の写真の右側(左岸側)から竿を出した方がよい。ほとんどの人は左側から入川するから立ち込みすぎると迷惑となるので気をつけよう。
B 浄法寺橋(飯島) C 北島橋下
ここは好きなポイントの一つ
手前の瀬より奥に見える深瀬が毎シーズン数出るところ。駐車スペースが左岸側なので、渡って右岸から攻めるとよい。また写真には写ってないがさらに下に大トロがありその瀬尻も人が少なくて、面白い釣りができる。
右は一番人気の深瀬、今シーズンはどうだろうか?左岸側にコンクリートの道?が出来ている。漁協さんの努力だろうか、感謝、感謝! だいぶ入りやすくなった。

北島橋直下の堰堤から下は流れが変わった、中洲がない!本流は先シーズンは右岸寄り、左岸側になってしまっている。
D 北島橋上
さてここは一番のベストポイント。6年前に護岸工事があり3年前から今の流れになって落ち着いている。他の場所に入っていまいちだと必ずここに来てしまうというポイント。一番上の写真 手前から皆入りズラーッと並ぶが・・・ それはここのポイントの攻め方としては素人。真ん中に棚があり、腿くらいまで立ち込んで9m竿を伸ばしてもベストポイントに届かない。腰まで入ってちょうどいいのだか、流れが強く耐えられる人はいまだかつて見たことがない。瀬尻まで行って釣りながら中州に渡り上から攻めると良い。

二番目の写真 水中にテトラが沈んでいるのがわかりますか? 護岸に階段があり降りれるようになっているが・・・水中は斜めのコンクリートがテトラまで続いており、非常に滑るので危険です。一度滑って転ぶと起き上がれない!流され続け止まらない! シーズン中に数十人の転倒シーンを目撃しているので充分注意してください。

秘密のポイントを教えちゃいましょう(^.^)  三番目の写真の下が瀬肩、ここに沈み岩盤がある。岩盤自体に鮎はついていないが岩盤周りには必ず良型がいる。特に沈みテトラ側 但しテトラに乗って竿をだしてもやはり届かない。中州から胸まで立ち込めばすべてのポイントを探ることができる。


画質がわるいのですが、動画です。お暇なら見てください。 kitajima03_01.WMV 1.65MB WMVファイル
E 坂東島 F 放水口下 右岸の分流


ここ数年好調な坂東島。セキサンプラント 笠川オトリ店前から右岸の分流を撮影。中心部の笠川オトリ店付近が一番釣りやすくお薦めポイント。ここをホームとしている九頭竜川坂東塾では九頭竜でトップクラスの技術を持っているエキスパートが集っている。ただシーズン後期は釣り人も多く場荒れするので対策を立てて入川したい。
写真に見える範囲は深くても腰まで、一番上の写真奥で左岸からの分流と合流、そこから下 約300m区間が深い。岩盤が多く膝くらいからいきなり背が立たない深さになったりし、毎年流され命を失っている方がいます。慣れていない方は近寄らないほうが賢明ですよ。

先シーズン流れが変わり、魚影も薄かったためあまり良い釣果は得られていない。瀬中より瀬尻(一番上の写真部分)は型はでないがそこそこ。一昨年は瀬中の2、30mの範囲で30尾は掛かったのだが。。。  放水口の工事は左岸側なので影響はなく川底も落ち着いて今シーズンは期待大かも!
河川の道路も砂利が敷き詰められていてアクセスはよくなっている。
F 発電所放水口


一番下の写真、右から放水されているがそこが工事の場所。
先シーズンは魚影薄かったが今年はどうか? とにかく竿を出してみないとなんとも言いがたい。入るとしたら右岸側!?。

< 勝山漁協管内 >
G 小舟渡の瀬 H 森川
ここは、わっかりませ〜ん。先シーズン入っていないのでm(__)m。
ここは8月9月の最盛期は、大物狙いのポイント。テトラギリギリに潜らせると、ガッツーン!!
水中ラインやハリスを切られた という方が多い。流行の極細仕掛けでは太刀打ちできない。
本流に濁りが入ったら森川を攻めると良い。川幅5mほどだがなかなか面白い釣りが出来るかも。
H 保田 (吾田オトリ店上下)
泳がせ得意な方にはここのトロはお薦め。右岸側から竿を出した方がいいように思います。チャラ・ガンガン・深瀬・トロと変化に富んでいる。時間と水況に応じて釣り歩いた方が釣果はいいようです。



< 保田から上は > 荒鹿橋までに2ヶ所の瀬があり、さらに赤岩の上の瀬、ここは先シーズンかなり好調だったので狙い目かもしれません。釣況は吾田オトリ店で聞いてください。



戻る  INDEXへ
Copyright © Saogashira All rights reserved.
許可なく掲載内容及び写真を転載、複写することは禁止です。する人はいないか^_^;